資格等を取得する

企業法務の仕事を行うためには、資格を持っていることが重要なポイントとなります。企業法務の仕事に就くために就職を希望する場合には、必要な資格を持っている人材を企業は求めることになります。

企業法務を行うために必要な資格としては、弁護士の資格があります。法律のプロに該当する資格になるため企業法務の仕事を行うには該当する資格になります。弁護士の資格を取得すれば独立開業を考えますが、最近の弁護士活動の事情を考えると簡単に独立開業を行うのは難しい状況にあります。そのため企業法務の仕事に携わるために弁護士資格を取得する方法があります。法律のスペシャリストとして司法書士の資格があります。司法書士も弁護士とは違った種類の仕事を行いますが法律の専門家に該当します。 そのため司法書士の資格を取得して企業法務の職に就く人がいます。

士資格を取得せずに企業法務で働く場合には、ビジネス実務法務検定があります。ビジネス実務法務検定のクラスによって出題内容が異なりますが3級から1級まである検定試験で、大手企業に就職するならば1級を取得して就職したい検定試験になります。これの資格や検定試験に合格することで、企業法務として就職するのに有利になります。