企業法務の活動

企業法務は、狭義の企業法務と広義の企業法務に分類することができます。狭義の企業法務では、金融以外の事業活動に関わるものな狭義の企業法務に該当することになります。

狭義の企業法務では、一般的な企業法務に該当する事業活動に伴い発生する法律問題の対応や指導等、株主総会や取締役会の業務やコンプライアンスに関する内部統制が狭義の企業法務に該当することになります。これ以外にもM&Aや独占禁止法そして社員に関係する労働基準法や商取引が狭義の企業法務に含まれます。狭義の企業法務では、社外よりも社内の法律に対応することが多い活動になります。

広義の企業法務では、狭義の企業法務の他に金融法務や事業再生が含まれることになります。これ以外にも企業に関する紛争解決となる訴訟や仲裁だけでなく企業刑事法務や危機管理なども含まれることになります。大企業に該当する会社の場合には広義の企業を対応する機会が多くなりこれに対応できる弁護士と顧問契約していることになります。また、最近問題となる知的財産や特許権などの問題に関しても企業法務の活動ないように該当するため、弁理士などの専門的な人たちと企業が連携をして対応する機会が増えています。